ロボット掃除機は必要?60日使用した感想。

ロボット掃除を60日使用、必要かを考えてみた。

 

じゅんまむは家電大好き。毎週ヨドバシ梅田に足を運んでる。

ヨドバシ梅田に、最長で12時間いたことがある。おちつく。余談。

スポンサーリンク

 

我が家のロボット掃除機は

パナソニック MC-RS200-W RULO(ルーロ)

呼び名はルーロちゃん、ちょぱお。

 

妻が毎朝、掃除機をかけてくれてる。

じゅんまむも妻も綺麗好き。

毎週日曜の始まりは、玄関ドア、室外機、物干し竿拭きから始まる。

それくらい掃除好き。

ベッドの下やソファの下も毎週掃除してるのだが、本当は毎日掃除したい。

よし、妻の朝の負担も軽減できるし、ロボット掃除機購入決意。

 

ルーロ vs ルンバ 

ロボット掃除機の代名詞といえば、やはりiRobot社 ルンバ シリーズ。

じゅんまむはパナソニック大好き。我が家の家電は9割パナソニック。余談。

ルンバかルーロで悩む。

ルンバはAIとカメラ搭載、とにかく賢い。

ルーロは形が三角で隅々まで掃除できる、センサーで家具に当たりにくい。

何人もの店員さんから情報を聞き出し、ネットでレビューを確認し、ルーロにしました。

決定打は値段。。。ルーロの方が約5万円安い。。。(2017年7月時)

店員さんの一人曰く、「確かにルンバはAI搭載で賢い、ルンバを選べばまず間違いないと思う。しかしデメリットもかなりある。フィルターなどの消耗品ランニングコストが高い。日本のマンションで使うなら国産メーカーでも絶対満足しますよ。」とのこと。

妻のお言葉。「初めてのロボット掃除機やねんから安いほうでいいやん、パナソニック好きやん。」

決定打は値段。。。ルーロの方が約5万円安い。。。(2017年7月時)

 

本当にちゃんと掃除してくれる?

とりあえずオートで掃除してみた。我が家はマンションで3LDK。

動き出すルーロ。ちょっと可愛い。

音は少し大きい。テレビの音は聞こえなくなるレベル。

丁寧に何度も、一部屋最低2回は掃除してくれてる。

1時間後戻ってくるルーロ。ちょっと可愛い。

結果チェック。

ルーロのゴミBOXを確認。めっちゃゴミ取れてる。毎日掃除機かけてるのにこんな落ちてるんや。

部屋の隅を確認、多少はゴミ残るけど満足のレベル。

すげぇな。

スポンサーリンク

 

ルーロの欠点

一番の欠点は進入禁止区域設定ができないことかな。

家に帰ると、玄関の靴やスリッパ散乱。背の低いものはセンサーで反応しない。

これもセンサー問題、センサーより低いものは反応しないので、転倒防止の足つき家具(ボトムステージ)は見えていないため上っていきます。ルーロのローラーでボトムステージが傷だらけになる。

結果

ロボット掃除機あった方が、断然いい。

毎朝15分掃除時間が短縮されるのは凄いメリット。15分×週7=105分、1週間でトータル105分。忙しい朝に凄いメリット。楽になる。

でも本格的な掃除はロボット掃除機だけでは不可能。
急なゴミに対処できないので、メイン掃除機を1台もってロボット掃除機は補助機の考えがいいと思う。

 

デメリットは工夫でなんとか克服。

玄関に踏み台を置いて進入禁止区域を作る。

転倒防止の足つき家具(ボトムステージ)には傷防止コーナーガードなどを貼る。

我が家のルーロには、傷防止フェルト貼り付けてます。

 

たまに迷子なって静かになってるときがあります。

たまにダイニングの椅子や、カーペットの下に潜り込んだら出れなくなることがあります。

たまにホンマにいなくなります。(ベッドやソファの下で静かになってる)

色々怒ってしまうけど、可愛い存在です。

 

これからもっと進化していくだろうし、もっと必要になっていくんじゃないかな。

ロボット掃除機の未来が楽しみ。

 

じゅんまむの一言。
10月にAI搭載の新型ルーロ出るやん!!
 
メロリン。。。


スポンサーリンク

Twitterでじゅんまむをフォローしよう!

気に入ったらシェアよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA